FF11のログから日記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

オデシー用の学者装備とマクロ

オデシー用の学者の装備とマクロになります。
マクロは専用のブックを割り当てています。オデシーでは精霊系はほぼ使いません。そのため既存のマクロの並びとはまた異なる配置としています。

FC4行マクロ

  1. /equip 胴 ピンガチュニック+1
  2. /equip 両脚 ピンガズボン+1
  3. /equip 頭 マーリンフード
  4. /equip 腰 エンブラサッシュ
  5. /ma 魔法 <stnpc | stpc | me | t>
  6. /equpset 詠唱完了装備 echo

  • 白グリで「グリモア中の詠唱時間-」は-10%
  • 足装備のACローファー+3の-12%は変更前の装備次第
  • 武器はムサでほとんど変更なし、マントもFC+10のマントから変更はあまり発生しないので概ね次の数字になります。
  • ムサ(10) 、マント(10) 、ピンガチュニック+1(15) 、ピンガズボン+1(+13) 、マーリンフード(+8+4) 、エンブラサッシュ(5)
  • サポ赤(15)のため合計10+10+15+13+(8+4)+5+15 = 80
  • これに「グリモア中の詠唱時間-」が乗算のため大体82%ぐらいです。
  • 強化魔法はFC4行マクロは必ずしも使ってはいないです。

FCセット利用マクロ

  1. /equipset FC装備 echo
  2. /ma 魔法 <stnpc | stpc>
  3. /equpset 詠唱完了装備 echo

  • FCセット利用の場合はtやmeは使用しない。
  • stnpcやstpcの選択中に1秒は経過することが多いためwaitは未使用です。
  • バ系など詠唱が早い魔法については/maの前に詠唱完了装備にしています。

FC装備 & ケアル & カット装備

部位 装備 備考
メインウェポン ムサ FC+10% ケアル回復量+25%
サブウェポン コーンスー 被ダメージ-6% 敵対心-5
矢弾 ストンチタスラム+1 被ダメージ-3%
マーリンフード FC+8% FC+4%
ロリケートトルク+1 被ダメージ-6%
左耳 マリグナスピアス FC+4%
右耳 オノワイヤリング+1 被ダメージ-3%
ピンガチュニック+1 FC+15% ケアル回復量+15% 敵対心-9
両手 ニャメガントレ 被ダメージ-7%
左手の指 ゼラチナスリング+1 被物理ダメージ-7%
右手の指 守りの指輪 被ダメージ-10%
ルッフケープ FC+10% 被物理ダメージ-10%
エンブラサッシュ FC+5%
両脚 ピンガズボン+1 FC+13% ケアル回復量+13% 敵対心-8
両足 ACローファー+3 グリモア中の詠唱時間-12% 敵対心-8
  • グリモア中の詠唱時間は最大25%で装備と白グリの合計が25%なのか、装備25%と10%を合計35%が最大なのかが不明なので足のみ利用しています。
  • 敵対心- 30
  • ケアル回復量+50%
  • 被ダメージ- 35%
  • 被物理ダメージ- 17%
  • FC +69%とサポ赤+15%
  • グリモア中の詠唱時間-12%と白グリ効果で-10%

ケアル装備の補足

  • ケアル装備は回復量も考慮はしていますがFCとカットを考慮しています。
  • ただしリキャストは早くても3秒経過までは次の詠唱はできないので程々でよいです。
  • ケアルについては詠唱完了セットは使いません。状況によっては連続利用するマクロのためです。
  • 戦闘中の待機装備も兼ねているので、ケアルマクロは着替えも兼ねています。
  • 着替えだけの場合はサブターゲットでキャンセルします。
  • このFC装備はオデシー白グリ用で、その他で利用する震天連携用はサポ赤なしでも80+グリモア中の詠唱時間-が25%+10%にしています。

ケアルは次の三行マクロ

  1. /equipset ケアル装備 echo
  2. /ma ケアルIV <stpc>
  3. /equip 腰 光輪の帯・・・こちらは光陣を使用し、所持している場合

ヒーリングや移動時の装備

  • 移動時やヒーリング中の装備で戦闘中には利用しません。
部位 装備 備考
メインウェポン ヒーリング時はアカデモスでリフレシュ+1
サブウェポン
矢弾 ホミリアリ リフレシュ+1
ビファウルクラウン リフレシュ+1
左耳
右耳
シャマシュローブ リフレシュ+3
両手
左手の指 スティキニリング+1 リフレシュ+1
右手の指 スティキニリング+1 リフレシュ+1
両脚 アシドゥイズボン+1 リフレシュ+1~2
両足 移動速度アップの両足

リジェネ装備

  • リジェネ装備は回復量優先
部位 装備 備考
メインウェポン ムサ 強化魔法の効果時間+20% リジェネ回復量+25
サブウェポン
矢弾
ABボネット+1 リジェネ回復量+15%
左耳
右耳
テルキネシャジュブ リジェネ効果時間+12 強化魔法効果時間+10
両手 ABブレーサー+1 令狸執鼠の章+55%
左手の指
右手の指
ブックワームケープ リジェネ回復量+10
エンブラサッシュ 強化魔法の効果時間+10%
両脚 テルキネブラコーニ 強化魔法効果時間+10
両足 テルキネピガッシュ 強化魔法効果時間+10

強化装備

  • 強化魔法スキル500を維持しつつ、強化魔法の効果時間優先
部位 装備 備考
メインウェポン ムサ 強化魔法の効果時間+20%
サブウェポン
矢弾
テルキネキャップ 強化魔法効果時間+10
インカンタートルク 魔法スキル+10
左耳 ミミルピアス 強化魔法スキル+10
右耳
PDガウン+3 強化魔法の効果時間+12% 強化魔法スキル+19
両手 ABブレーサー+1 令狸執鼠の章+55%
左手の指 スティキニリング+1 魔法スキル+8
右手の指 スティキニリング+1 魔法スキル+8
エンブラサッシュ 強化魔法の効果時間+10%
両脚 テルキネブラコーニ 強化魔法効果時間+10
両足 テルキネピガッシュ 強化魔法効果時間+10
  • オーラはこちらの装備で実施します。

アクアベール装備

部位 装備 備考
メインウェポン ムサ 強化魔法の効果時間+20%
サブウェポン
矢弾
AMコイフ+1 アクアベール+2
インカンタートルク 魔法スキル+10
左耳 ミミルピアス 強化魔法スキル+10
右耳
PDガウン+3 強化魔法の効果時間+12% 強化魔法スキル+19
両手 ABブレーサー+1
左手の指 スティキニリング+1 魔法スキル+8
右手の指 スティキニリング+1 魔法スキル+8
エンパチコスロープ アクアベール効果アップ(+1)
両脚 テルキネブラコーニ 強化魔法効果時間+10
両足 テルキネピガッシュ 強化魔法効果時間+10

弱体装備

部位 装備 備考
メインウェポン ムサ 魔命+50
サブウェポン コーンスー 被ダメージ-6% 魔命+30
矢弾 ペムフレドタスラム 魔命+8
PDボード+3 魔命+37
エーラペンダント 魔命+17
左耳 バーカロルピアス 魔命+8
右耳 マリグナスピアス 魔命+10
シャマシュローブ 被物理ダメージ-10% 魔命+45
両手 ニャメガントレ 被ダメージ-7% 魔命+40
左手の指 スティキニリング+1 魔命+11
右手の指 スティキニリング+1 魔命+11
ルッフケープ 被物理ダメージ-10% 魔命+20
サクロコード 魔命+8
両脚 PDパンツ+3 魔命+39
両足 ニャメソルレット 被ダメージ-7% 魔命+40

マクロ

  • 戦闘時はALT系しか使わない操作方法にしているので、ALT系のみ記載しています。

f:id:ffxilogdialy:20210803191506p:plain

  • 通常はコントローラで操作していますが、緊急ケアル時はターゲット合わせてキーボードでALT+1を連打しています。

オデシーの手順

突入前に机上演習リレイズを忘れずにします。
時間があるなら範囲バは突入前に実施しておきます。

連環計は最初の強化で使用します。コさんからカットカードもらえる事が多いです。
最初がどうしてもチャージが不足するため使用しています。

範囲ファランクスのタイミングについては剣さんと調整します。
連環計つかったら、次に範囲ファランクスの調整をすることが多いです。

  • 白グリ+補遺
  • 連環計
  • 令狸女神ファランクス・・・タイミングは調整
  • 令狸女神リジェネ・・・連環計後に実施すること(リジェネ回復量+がある)
  • 令狸女神オーラ
  • 女神アクアベール・・・詩人さん次第で早いPTはこのあたりで稼働開始している
  • 女神ストンスキン
  • 女神バ・・・麻痺かスタン対策だが、突入前に実施の場合が多い
  • 令狸女神リゲイン
  • 令狸女神陣II・・・個別でも○、陣頭指揮で火(STR+12)か闇(BP+6)
  • 令狸ヘイスト・・・自身には実施しておくことが多い、詩さんによってはオーラ中はマーチ減らすので前衛にも実施しておくのもよい。
  • 令狸リフレシュ・・・盾に実施してもよいかも?

連環計の有効中にオーラはなるべくかけ直す。
ただしさそりやうさぎ等の範囲攻撃の激しいモンスターの場合はあきらめる。
その場合は前衛とコ詩にヘイスト実施する。

その他・考慮事項

  • 女神降臨の章はチャージに余裕がある場合は事前に使用しておきます。
  • 用途はケアルでもストンスキンでも状況次第、パラナイレースでも有効
  • 剣のバフを見てアクアベールストンスキン
  • アクアベールは切れてからでは遅いので定期的に実施するのもよいです。
  • リジェネは@1分ぐらいでかけなおししてしまいます。
  • 武器とグリップを変更しないようにしておくと、リゲインでミルキルが利用できますがあまり出番はありません。
  • 補足:うまくいっている場合はMPが凹むことはないです。MPが凹むというのは何らかのトラブルが発生した場合のケアル連打がほとんどです。ミルキルを使って回復する時間はなく机上演習も失念するほど心の余裕がない状態です。
  • エルシモパキラの実はスリプガや範囲睡眠を使用するモンスター時に使用します。編成的に他にだれも起こせない場合もあるので忘れないように注意が必要です。
  • トロールの吶喊は要注意でイレース優先です。
  • プロテスV時にエンボルドを使用しファランクスは効果時間を重視する人もいます。
  • これはマジェスティでプロテスVの有無と、剣だと令狸女神ファランクスの「エンボルドなし」は15分近くになるので、「エンボルドなし」だとかけなおし一回になります。
  • Asena(ケルベロス)の中盤以降の麻痺は無視したほうがよいです、SPアビでヘイトリセットの百烈拳がくるのでケアル優先します。
  • Lotanu(ウィルム)やDabbat al-Ard(ベヒーモス)も同様ではあります。
  • NMの開始のディアIIは優先するほうがよいです。他メンバーも注視しています。(範囲バや女神ブリンクなどしたくなりますがディアII優先がよいです)

サイレス対象

  • 獣人の詩人タイプや魔法タイプ

ただし、ヘイト状態が不明な場合は危険なので焦っては実施しないです。。
遠隔も含めて初手でヘイト載せれるのが理想ですが、遠隔や魔法獣人は移動が遠回りされる場合もあり確実性は100%ではありませんので、漏れていることはあります。盾さんが漏れたのを認識していても、ヘイト上げの方を優先する場合もあるので、少し落ち着くまで遠隔や魔法獣人に対してアクションを取るのは控えた方が無難です。

ディスペガも同様です。複数からタゲとったらカット50%でも死にますので、盾が自分の計画で動けるように行動するのを意識しています。

感想

弱体装備と回復装備、アクアベール装備は無しでもよくリジェネ装備はムサではなくペダゴギスタッフでも許容範囲です。
ケアル装備もFCとカット確保できればケアル回復量もピンガはNQでもOKです。強化魔法時間は頑張る必要はありますがムサ以外は難易度低めです。陣IIとジョブポ550は必要条件と考えた方がよいです。
現在セグポに参加するには比較的ハードルが低いジョブと思われますが、箱開けは期待されるのでChestのイザット消費が多い場合は申告した方がよいです。