FF11のログから日記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

ドメイン効果(正義)のトレジャーハンターについて

シーフで霊泉島の雑魚モンスターを倒していたら追加効果で開始直後の攻撃で「レジャーハンターの効果が10にアップ!」のログがでました。
不思議に思ったのですが、こちらはドメイン効果の「正義(justice)」の影響でした。

このドメイン効果があると初期値の最大+8に+1され+9からスタートするようです。

ハッピーパワー「ドッグノーズ!」と同じ効果のようです。

その他

いくつかのアイテムのドロップ率を集計してみると、黒の残魂や、合成素材やエスカッション用のアイテム、カードなどについては、トレハンの値+1=ドロップ率1%ではないか?と思われるドロップ率の変化がみられるので、トレハンの初期値の上限が増えると、間接的にエスカッションの緩和になると思います。

ただし、仕様としては計算式適用による変化ではなくテーブル定義説を支持しています。テーブルに定義されているドロップ率がトレハン+1=+1%で変化するテーブルになっているケースが多いのかなという予想です。

マスター武器や、ヴォルト装備で、トレハン自体が結構増やせるようにうになってきているので、そろそろ緩和しないかな~と思ってしまいます。

デュラハンの鎧の分解結果V(特殊クリスタル②)

特殊クリスタルで分解を追加実施してみました。

特殊クリスタル
隠し効果として「合成素材消失率-」

モグガーデンでイオニスをつけてキトロマカロンで実施しています。 集計結果は前回分に加算してまとめて集計しています。

集計結果

項目
デュラハンの鎧 288
項目 割合
合成回数 423
成功回数 216 50.93%
失敗回数 208 49.07%
項目 取得数/成功数 取得数/合成回数
アイアンインゴット 80 37.27% 18.98%
赤麻布 60 27.73% 14.12%
ゴールドインゴット 49 22.73% 11.57%
カザナルインゴット 26 12.27% 6.25%
項目 ロスト数/失敗数 ロスト数/合成回数
ロスト数 -72 -34.91% -17.13%

参考:ロスト率(イオニス+キトロマカロン

項目 ロスト数/失敗数 ロスト数/合成回数
ロスト数 -33 -39.76% -19.53%

まとめ

成功率は以前と同じぐらいの数値に落ち着きました。 また、「合成素材消失率」も変わっており次の数値になっています。どうも前回の実行はかなり運がいい方に振れていたようです。母数が増えたため今回の数値のほうが信頼性が高いと考えます。

この結果から、特殊クリスタルの「合成素材消失率」の効果は「4.85%」ぐらいの数値と考えられます。