FF11のログから日記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

モンクの喉輪の合成に必要な錬金術スキルの調査

モンクの喉輪を合成するために必要な錬金術スキルの調査を実施しました。 鍛冶110で錬金術を0から上げる機会があったので、座れるようになるスキル値を確認しました。

[鍛冶:高級職人(レシピスキル:110)]
錬金術:?(レシピスキル:?)]
光のクリスタル
イグドリアの根 + ダークマター + 青の葉 + 蒼玉の結晶 + 朽ちた喉輪

試した結果「27」で座れず「28」で座れるようになりました。
仕様としては、-27未満合成できず、-27 ~ -10.1合成は可能 とのことです。

そのため、必要スキル値は「55」のようです。

確認したスキル値 結果 合成可能スキル +11
10 x 37 48
15 x 42 53
20 x 47 58
22 x 49 60
24 x 51 62
25 x 52 63
26 x 53 64
27 x 54 65
28 55 66

他のジョブ首の合成についても同じ要求スキル値であるかは未確認ですが、似たような数字ではないかと予測はします。
複合スキルの数値の確認は大変なのでこちらはシステム側でなんとかしてほしいところではあります。

醴泉島のドメインベージョン(Quetzarcoatl)の評価

醴泉島のドメインベージョンをソロでQuetzarcoatlを開始から30分以内に倒した場合の評価結果になります。
ジョブはモンクで常時「かまえる」を維持しています。
与ダメージ合計すると「1,298,357 」となりこれがHP全快だったかわからないので、概ね130万をソロで削った場合の評価となります。

評価結果

ドメインベージョンの評価値になります。

評価項目 評価値
ドメインベージョン評価:攻撃成功 50000
ドメインベージョン評価:与物理ダメージ 116090
ドメインベージョン評価:与魔法ダメージ 26953
ドメインベージョン評価:攻撃を受けた 3600
ドメインベージョン評価:被ダメージ 4820
ドメインベージョン評価:討伐 2000
ドメインベージョン評価:味方回復 10879
ドメインベージョン評価:自己強化 7800
ドメインベージョン評価:弱体 33000
ドメインベージョン評価:クリティカルヒット 150000
ドメインベージョン評価:連携 52800
ドメインベージョン評価:レジスト 6400
ドメインベージョン評価:特殊防御 3200
ドメインベージョン評価:回避 23800
ドメインベージョン評価:合計 491342

戦闘時間

ドメインベージョンに参加しました」から「祈祷神符の効果がきれた」までの時間

29分22秒 = 1762秒

結構ギリギリでした

独自集計

ログから自前で集計した項目になります。

与ダメージ関係

与ダメージ ダメージ値 割合
カウンターダメージ 127,284 9.80%
クリティカルダメージ 560,963 43.21%
ダメージ 137,144 10.56%
ビクトリースマイトダメージ 297,473 22.91%
フェイスのダメージ 138,516 10.67%
連携ダメージ 36,977 2.85%
合計 1,298,357
合計(フェイスと連携除く) 1,122,864
秒間ダメージ 737
秒間ダメージ(フェイスと連携除く) 637

敵のWS関係

敵のWS 回数
スパイクフレイル 44
サイクロンウィング 22
合計 66

命中関係

命中関係 割合 説明
通常ヒット数 494 29.01% 通常ヒット数/ヒット数合計
クリティカル数 1209 70.99% クリティカル数/ヒット数合計
ヒット数合計(通常+クリ) 1,703 94.30% ヒット数合計/攻撃回数合計
ミス数 103 5.70% ミス数/攻撃回数合計
攻撃回数合計(ヒット数合計+ミス数) 1,806

カウンター関係

カウンター関係 割合 説明
Quetzalcoatlのミス数 231 52.38% ミス数/攻撃回数合計
Quetzalcoatlの攻撃ヒット数 33 7.48% 攻撃ヒット数/攻撃回数合計
カウンター 177 84.29% カウンター/カウンターの母数
攻撃回数合計 441
カウンターの母数 210 攻撃ヒット数+カウンター数

カウンターは命中判定の後で判定される想定

感想

Quetzarcoatlは後ろから攻撃すると相手のWSが限定されるので、次のフェイスを出して後ろから攻撃しスパイクフレイル、サイクロンウィングを誘発させるとでソロでも戦闘可能でした。

セルテウス、アシェラ、イングリッドII、イロハII、ヨランオラン(UC)

側面から攻撃するとホリッドロアによる強化消しとテラーによる攻撃停滞でなかなか削れないので、後方からの攻撃で実施となります。 上記フェイス構成だと支援が弱いので、イングリッドIIをクルタダ、イロハIIをウルミアにするなどもよいかもしれません。

HPが多いが攻撃パターンが単調なので、DPS評価やタイムアタックにでも利用できそうでしたが、
問題はHP全快で開始し、実施中に他の人が誰もこない時間帯があるかどうかで、それを考えるとむずかしいかなと思いました。